IFRSの強制適用時期に準備期間を5−7年設ける

[2011年6月21日]

2011年6月21日、自見庄三郎金融担当大臣は記者会見を行い、IFRSの強制適用時期について、少なくとも2015年3月期についての強制適用は考えていないことを明らかにした。さらに、仮に強制適用する場合であってもその決定から5-7年程度の十分な準備期間の設定を行うこと、また、2016年3月期で使用終了とされている米国基準での開示は使用期限を撤廃し、引き続き使用可能とする旨を表明している。

原文

内容の関連する記事はこちらです

このページの先頭に戻る

※cn-setup.com